婦人

迷える子羊に救いの手を|タトゥーはレーザー治療でキレイに除去

しわやたるみも怖くない

鏡を見る婦人

顔にできたしわや目の下のたるみは人の視線が集中する場所にできるので、気になったら早めに改善することが大切です。アンチエイジング用の基礎化粧品を使用し、毎日顔のマッサージを続けましょう。それでも改善が見られないときは美容整形外科に相談する方法もあります。

詳細

沈着したインクを除去

レディ

新旧の刺青除去法を徹底比較

タトゥーならレーザー治療で消すのが最適ですよ。切除せずに目立たせなくなれるのは確かと言えるでしょう。

真皮層と表皮層のインク

タトゥーとは、肌表面につけたインクを、針で肌に押し込むことで描かれた模様や絵です。押し込まれたインクは、真皮層の肌細胞に沈着することになります。真皮層の肌細胞は、表皮層の肌細胞と異なり、基本的にはターンオーバーによって排出されません。そのためタトゥーは自然に消えることはなく、色鮮やかな状態で半永久的に残ります。しかし、針が十分に挿入されず、インクが表皮層に沈着している場合には、ターンオーバーによって消えていきます。その結果、タトゥーの一部分のみが消えて、絵や模様の美しさが損なわれることもあります。このような場合、美容外科でのレーザー治療でいったん全てのタトゥーを除去することが可能となっています。レーザー治療によって白色に戻った肌には、新たなタトゥーを入れることができます。迷える子羊に救いの手を差し伸べてくれる美容外科を頼りましょう。

効果の出方とメリット

タトゥーの除去には、シミを除去する場合と同じ、Qスイッチルビーレーザーや、Qスイッチヤグレーザーが使われます。どちらも、色に反応することで、その部分に高熱を与える性質のあるレーザーです。そのため照射すると、インクが沈着している部分のみが熱されます。熱された肌細胞は、生きた状態ではなくなるので、体から自然に排出されていきます。沈着しているインクも一緒に排出されることになるので、これにより肌は白くなっていくのです。タトゥーは手術で肌ごと除去することもできますが、この場合は1ヶ月ほどのダウンタイムが生じますし、その後も肌には多少の傷が残ります。しかしレーザー治療の場合は、ダウンタイムはほとんど生じませんし、傷跡も残りません。そのためタトゥーの除去を希望する多くの人が、レーザー治療を選択しています。

いろいろなアプローチ

女の人

顔のたるみの原因の一つは真皮層のコラーゲンなどの減少です。ヒアルロン酸を注入したり、繊維芽細胞を活性化するような治療が効果的です。また顔の筋肉の衰えや姿勢の悪さが、顔のたるみの原因になっている場合もあります。症状に合わせて美容外科に相談しても良いでしょう。

詳細

肌に関するコンプレックス

女の人

しわやたるみの原因は、加齢による筋肉の低下、保湿力の低下、乾燥などです。しわやたるみを解消させるためには、リフトアップ手術やヒアルロン酸注射などの美容整形を行うことをおすすめします。一度の手入れで、それらのトラブルを簡単に解消させることが出来ます。

詳細